肋間神経痛

肋間神経痛の原因は、いくつかは原因を特定できますが、症例によって原因が不明なこともあります。

Top > 2009年6月

新着情報【2009年6月】

肋間神経痛とは、背中から胸腹部に分布している肋間神経という末梢神経に、激しい痛みを感じる症状のことです。

肋間神経痛の痛みは辛いものです。痛みは前触れもなく突然やってきますし、その痛みは激しく鋭い場合が多いようです。この痛みは、長く続くものではなく、大体ほんの数秒の場合から長くても2分程度で収まるものですが、頻度は決して少なくないので厄介です。

肋間神経痛の原因は様々なので、肋間神経痛に限ったことではありませんが、正確な診断を受けるために、まずは総合内科(総合診療科)で初期診察を受け、その後、指示に従って、該当する専門医に診てもらうのがいいでしょう。

代表的な発作の症状としては、大多数は胸部の症状として現れ、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる、押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などですから、肋間神経痛の症状と重なるのです。

外傷性の肋間神経痛ならば、外傷を治療する事が最優先されるのは、誰でも想像がつくと思います。この時に処方される薬は、痛み止めや消炎鎮痛薬となりますが、神経組織自体を回復させるために、ビタミンB群が処方されることもあります。
カテゴリー
更新履歴
肋間神経痛とは(2009年6月19日)
肋間神経痛の症状(2009年6月19日)
肋間神経痛の治療(2009年6月19日)
狭心症を原因とする肋間神経痛(2009年6月19日)
肋間神経痛に効く薬(2009年6月19日)