Top > 狭心症を原因とする肋間神経痛

狭心症を原因とする肋間神経痛

胸の痛みが比較的長い時間(数分間~15分程度)持続する場合には、狭心症の疑いもあります。狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気で、血管内腔が狭くなることによって、心筋への血流が不足し酸素が送り込めない時に胸の痛みが起こります。
代表的な発作の症状としては、大多数は胸部の症状として現れ、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる、押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などですから、肋間神経痛の症状と重なるのです。
狭心症の種類としては、身体的な労作、精神的な興奮やストレスが誘因となる労作性狭心症、労作やストレスに関係なく起こる安静狭心症などを代表に、異型狭心症、安定型狭心症、不安定型狭心症などがあります。
特に、不安定型狭心症は安定型狭心症と比較して、冠動脈に高度な狭窄病変を確認することが多く、心筋梗塞へと進展し、命に係わる可能性もあるのです。
又、「痛みはあるが短時間で消える」という症状を頻繁に繰り返す場合でも、なるべく早く内科へ行き、心電図検査を受けられることをお勧めします。胸の痛みが、数時間~数日間持続する場合なら、帯状疱疹ウイルスやヘルニアである可能性もあるので、この時も、まずは内科で診察を受けてみましょう。

 

 ポケットカルテ  Tゲージ  クォーターパウンダー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
肋間神経痛とは(2009年6月19日)
肋間神経痛の症状(2009年6月19日)
肋間神経痛の治療(2009年6月19日)
狭心症を原因とする肋間神経痛(2009年6月19日)
肋間神経痛に効く薬(2009年6月19日)