Top > 肋間神経痛の治療

肋間神経痛の治療

さて、肋間神経痛の自覚症状があったら、とにかく面倒がらず、医師の診断を受けるのがいいわけですが、その治療法とは一体どのようなものでしょう。
肋間神経痛の原因は様々なので、肋間神経痛に限ったことではありませんが、正確な診断を受けるために、まずは総合内科(総合診療科)で初期診察を受け、その後、指示に従って、該当する専門医に診てもらうのがいいでしょう。
なぜなら、肋間神経痛と判断された場合でも、それぞれの考えられる原因によって受診する科も変ってくるからです。通常は、治療としては内科か整形外科が多いと思います。ストレス性の場合もあるので、心療内科も平行で通院する方もいるようです。
原因によって治療はそれぞれ異なりますが、まずは発生の元になっている病気や怪我の治療を行います。しかし、根本の治療が終わっても、残念なことに肋間神経痛が残る場合があります。その場合は東洋医学になりますが、整体や鍼なども治療方法として効果があるようです。
西洋医学の方なら、麻酔外来のある病院での、肋間神経に局所麻酔を注射するという、神経ブロックを行うこともあります。いずれにしても、肋間神経痛の治療には医師の正確な診断が何より大切です。的確な診断によって、正しい治療を受けましょう。自己判断は禁物です。

 

 ガソリン節約術  フォークリフト免許 FXデモトレード
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
肋間神経痛とは(2009年6月19日)
肋間神経痛の症状(2009年6月19日)
肋間神経痛の治療(2009年6月19日)
狭心症を原因とする肋間神経痛(2009年6月19日)
肋間神経痛に効く薬(2009年6月19日)