Top > 肋間神経痛の症状

肋間神経痛の症状

肋間神経痛の痛みは辛いものです。痛みは前触れもなく突然やってきますし、その痛みは激しく鋭い場合が多いようです。
この痛みは、長く続くものではなく、大体ほんの数秒の場合から長くても2分程度で収まるものですが、頻度は決して少なくないので厄介です。
従って、肋間神経痛を抱えている人の負担は、かなり大きいものとなります。前項で、絞扼神経症によって起きる場合がある、と説明書しましたが、ストレスを原因とすることや、別の胸部の重大な病気が疑われることもあり、発生する年齢としては中年以降に多い傾向のようです。
肋間神経痛で一番注意しなければいけないのは、病院に行くのがつい面倒で、ガマンして放置を続けているうちに、体からの重大な危険信号を見過ごしてしまうことです。場合によっては、肺がんを筆頭として、胸膜炎や肺炎といった極めて緊急処置を必要とする身体の異常を伴っていることがあるからです。
もしそうなら大変です。人によっては、物理的な痛みだと思って、湿布を張るだけで直そうとしてしまう人もいます。勝手に自分で肋間神経痛だと決め込まずに、症状が出たら、まず医師の診断を仰ぐ方が賢明です。症状が軽いのであれば、薬を用いた治療や漢方などで改善される可能性もあります。

 

 スキー場アルバイト  スキー場アルバイトの仕事内容
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
肋間神経痛とは(2009年6月19日)
肋間神経痛の症状(2009年6月19日)
肋間神経痛の治療(2009年6月19日)
狭心症を原因とする肋間神経痛(2009年6月19日)
肋間神経痛に効く薬(2009年6月19日)