Top > 肋間神経痛に効く薬

肋間神経痛に効く薬

外傷性の肋間神経痛ならば、外傷を治療する事が最優先されるのは、誰でも想像がつくと思います。この時に処方される薬は、痛み止めや消炎鎮痛薬となりますが、神経組織自体を回復させるために、ビタミンB群が処方されることもあります。
これは、神経鞘部分の組織的な回復に必要とされているからだそうです。外傷ではなく、よく薬として利用されているのは、ウイルス感染での肋間神経痛に対する抗ウイルス薬です。特に、ヘルペスウイルスに感染して出た症状は、帯状疱疹が現れるのでわかります。
効果は高く、比較的早期に治す事が期待できるようです。ただし、ヘルペスウイルスは、完全に消滅することはなく、いったん症状が落ち着いたとしても、感染は残り、一生涯体の中に潜んでいるといわれているので油断できません。
帯状疱疹は、体力の衰えや、身体の疲労、更にストレスなどといった、人間の生理作用が低下している時に発生しやすいので、普段の健康管理が大切です。
一方、肋間神経痛が長引いている人対しては、精神安定剤が処方されることがあります。これは症状が長引くと何しろ辛いので、心身ともに病んでしまう場合があるからです。実際精神安定剤によって、痛みが和らぐ事もあります。このように、肋間神経痛の薬は、いずれも症状を抑える薬ですから、あくまでも治すのは自分の努力と自覚だと考えてください。

 

 ネイル検定  アラフィー婚  ハモニナ  コーヒー説法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
肋間神経痛とは(2009年6月19日)
肋間神経痛の症状(2009年6月19日)
肋間神経痛の治療(2009年6月19日)
狭心症を原因とする肋間神経痛(2009年6月19日)
肋間神経痛に効く薬(2009年6月19日)